カナノキ

Welcome to my blog

ファッション

 ファッションについて。
 ブランドものは好きです。やはり質が良いですし長持ちします。でも、取り扱いが雑になると逆に直ぐ傷んでしまいますので、よく考えて購入しています。勿論、高価なものはアクセサリーくらいしか買いませんが。
 
 長い間、接客の仕事をしてきました。今後も人と直接触れ合う仕事に就くと思いますが、幅広い世代の男女を見て、話して、色々な事を感じてきました。外見的にとても着飾る人、地味だけど品のある人、お気に入りを身に着ける人など、皆個性があり、その人なりの何かがありました。私もファッションには多少拘りをもっていました。10代の頃はブランドや質がよく分かっていなかったので、好きな服を好きなように着ていましたが、色の組み合わせだけは気にしていました。白なら全体的に白、黒なら黒で統一するなど。20代に入るとブランド品も取り入れつつ、年齢より大人っぽい格好をしていました。ヒールのある靴は普段履きでしたし、露出も多くスカートをよくはいていました。化粧も濃くなり、髪型や色も定期的に変えたりして。一番よく稼いだ時期でもあったので自由なお金が多く、自分を彩ることに費やせたのだと思います。30代になると、だんだん自分の性格や個性がハッキリ分かるようになってきました。どんな素材のどんな色が落ち着くか、どんな形が体型に合っているか、どのスタイルが自分の内面に見合った外見になるか、よく考えてファッション選びをするようになりました。おそらく色々な人を見て感じてきて、「これは好き」「これは嫌い」というジャッジをしてきたのも考えに含まれていると思います。例えば、素敵な装いをしていも、所作が雑であったり言葉が汚かったりでは、そのファッションが上手く生かせているとは思えませんでしたし、キャリアウーマンような凜々しいスタイルであっても、真面目な話が出来ないようではガッカリします。高級なブランドバックを持ち歩きつつ、洋服の手入れが出来ていなければバランスが取れていないように感じますし、年齢よりも若い格好をしていれば、身体も若々しく保っていなければ肌が浮いて見える。
 色々な違和感を感じてきた私のファッションの理想は、見た目と中身にさほど差ががないこと。パッと見て、「多分こういう人だろうな」という印象と、実際話して「やっぱり思った通りの人だった」と思ってもらえること。それが私のファッション目的であり、ファッションで表現する自分です。第一印象は瞬時に決まると言います。ですから、持っている以上の期待を抱かせたくないですし、逆に期待を裏切りたいくないのです。なんなら、「思っていたより凄く良かった」と感じてもらえた方がいいくらい。

 ファッションは音楽のように自由。だから自由に楽しんで良いもの。でも、より自分を表現するには、自分の事をよく分かっていなければなりません。何が自分の良さで何が苦手なのか。そして、何を伝えたいのか。それを上手く組み合わせて個性として表現していく。それが、その人にしか出せないもの、その人の魅力になっていくと思います。


関連記事
About this site
自分らしく心地よいライフスタイル
About me
主婦・ハーバルセラピスト。
自分らしく生きる事をモットーに、色々学び生活に取り入れています。ハーブの活用を中心に、私らしい生き方についても綴っています。