FC2ブログ

カナノキ

Welcome to my blog

精油とは

 今日から精油の事をお伝えしていきたいと思います。精油についてはちょくちょく綴っていますが、基本的な知識として、まとめてお伝えできればと思っています。と言っても、私もまだまだ勉強中ですけどね。

 あまり「精油」という言葉にピンと来ない方もいらっしゃると思いますが、よく販売されている「アロマオイル」はご存じかと思います。アロマオイルはその名の通りアロマのオイルで、精油や人工的な香り、その他のものがブレンドされているものになります。芳香などで香りを楽しみたい、好きな香りを感じてリラックスしたい、そんな方にはオススメですが、身体への作用をしっかりと取り入れたい方は精油を選んだ方が良いと思います。精油とは、「エッセンシャルオイル」とも呼ばれ、植物の花や葉、果実、樹皮、種子などから抽出された、100%天然の植物成分を高濃度に含有した香りのある芳香物質になります。ですから、アロマオイルとは成分がかなり違ってきますよね。例えば、牛乳と乳飲料、バターとマーガリン、味は似ていますが材料は違いますよね。身体に良いものを摂取したいのか、ただ味わいたいだけなのか、目的も異なります。そんなイメージ。

 ハーブをご紹介している中で、たまに香りの成分として「精油」が入っているよ、とお伝えしている種類がありますが、その精油を抽出したものがそのまま精油、エッセンシャルオイルになります。ですから、ハーブに色々な作用があるように、精油にも色々な働きがあります。精油は、ハーブの中に含まれる香りの素となる蒸発しやすい揮発性芳香物質です。香りを嗅ぐことで、その芳香物質が鼻から入り、脳にいち早く届いて、脳が「こうしましょう」と指令を出し、その指令が全身に行き届き、抗菌作用や生理・心理的作用などをもたらしてくれます。森林浴をすると気持ちがスッキリしたりリラックスするのは、視覚的な効果もあるでしょうが、木々が出す芳香物質が作用しているからでもあります。自然の精油効果ですね。
 精油の芳香物質は、香りを鼻から嗅ぐだけではなく、精油が含まれたトリートメントオイルを皮膚につけたり、普通に呼吸をしていても行き届きます。皮膚につけた場合、皮膚表面から更に深いところまで行き届き吸収され、毛細血管やリンパ管に入って全身を循環していきます。そして呼吸の場合は、芳香物質が肺に入り、肺の中にある「肺胞」を包んでいる毛細血管から血中に取り込まれ、全身に行き渡ります。つまり、香りを嗅いでも吸っても皮膚につけても全身に行き届き作用するという事になります。精油の芳香物質はとても小さく、身体に入りやすいんですね。ですから、香りが広がっているだけでも効果的ですし、香りを楽しみながらハーブティーを飲みましょうとオススメしているのは、香りをただ楽しむだけでなく、このような身体への作用を無駄なく行き届かせる目的もあるのです。

 食材において、無添加や無着色などを気にされる方は多いと思いますが、化粧品や塗り薬など皮膚につけるものも、精油の芳香物質と同じように、多少なりとも成分は皮膚から体内へ吸収されています。という事は、血液の中にも取り込まれ、全身を巡っているという事にもなりますので、アレルギーや皮膚の弱い方、慢性的に何か症状のある方は、含まれている成分にどのような作用があるのか気にされると良いと思います。人には元々、健康を維持する機能や仕組みが備わっていますから、何かで補うのではなく、いらないものを減らしてく、このような考え方も大切だと思います。

関連記事
About this site
自分らしく心地よいライフスタイル
About me
主婦・ハーバルセラピスト。
自分らしく生きる事をモットーに、色々学び生活に取り入れています。ハーブの活用を中心に、私らしい生き方についても綴っています。