FC2ブログ
Welcome to my blog

ハーブのまとめ

 今日のハーブは、と言いたいところですが、ここまでで30種のハーブをご紹介しましたので、ここでひと区切りさせて頂きます。まとめとして、ハーブの種類と大まかな使用目的を箇条書きしました。名称をクリックすると各ページに飛べるようになっておりますのでご活用下さい。
 ご紹介しているハーブの解説は部分的なものになります。ハーブにはもっと多くの作用があり、種類も数え切れない程ありますが、生活に取り入れやすい代表的なハーブと働きを、ハーブの先生や自分で更に調べた内容、自ら試して感じた事を踏まえてご紹介しています。まとめました30種のハーブは、ハーブティーやカプセル剤、サプリメントとして摂取して頂けます。ハーブの良さは、1種類の中にも多くの働きがあり、作用が穏やかで副作用が起きにくく、健康な心身を維持するサポートをしてくれるところです。即効性がある医薬品や治療とは異なりますが、自分の力で病気を防ぐ、自然治癒力を高める手助けをしてくれますので、気になるハーブがありましたら、香りも楽しめるハーブティーから始めて頂ければと思います。


 ~メディカルハーブ 30種~

1.ペパーミント・・・消臭、殺菌、リフレッシュ、ストレス性による胃腸の不調
2.ジャーマンカモミール・・・月経痛、ストレス性の胃炎、口内炎
3.ハイビスカス・・・肉体疲労、眼精疲労、代謝促進、ダイエット、便秘、老化防止
4.ローズヒップ・・・ビタミンCの補給、老化防止
5.エルダーフラワー・・・風邪予防、アレルギ-症状、花粉症
6.リンデン・・・風邪症状、リラックス、高血圧、不眠
7.マルベリー・・・肥満、高血糖、ダイエット、美白
8.ネトル・・・血液サラサラ、体質改善、アレルギー疾患、痛風、リウマチ
9.ダンディライオン・・・胃、肝臓、便秘、リウマチ、ノンカフェインコーヒー
10.エキナセア・・・免疫力を高める、風邪、インフルエンザ、炎症、傷
11.ブラックコホシュ・・・ホルモン調整、月経痛、月経前症候群、更年期障害
12.セントジョンズワート・・・軽度から中等度のうつ、月経前や更年期のうつ、傷
13.イチョウ・・・血液サラサラ、アルツハイマー型・脳血管型認知症
14.フラックスシード・・・生活習慣病予防、血液サラサラ、コレステロール値の低下
15.クランベリー・・・泌尿器系の感染予防、膀胱炎、尿道炎、尿臭
16.ウスベニアオイ・・・粘膜保護、保湿
17.ソウパルメット・・・前立腺肥大、頻尿、残尿感
18.セージ・・・抗菌、殺菌、口内炎、喉の炎症
19.パッションフラワー・・・精神不安、ストレスによる不眠・頭痛、高血圧
20.アーティチョーク・・・肝臓、消化不良、食欲不振、肥満
21.カレンデュラ・・・外傷、皮膚炎、抗菌、粘膜保護
22.バレリアン・・・不眠、神経興奮、精神不安
23.ミルクシスル・・・肝臓の修復、アルコール性肝炎、脂肪肝、消化不良
24.マテ・・・精神疲労、肉体疲労、代謝促進、脂肪燃焼
25.ラズベリーリーフ・・・月経痛、月経前症候群、子宮・骨盤の筋肉調整、止血、下痢
26.タイム・・・強い抗菌、痰、咳、鼻・喉の諸症状、食あたり
27.フェンネル・・・激しい腹痛、ガスが溜まる、消化促進、痰、咳
28.ホーソン・・・心臓の症状、動悸、息切れ、血圧の変動
29.スギナ・・・泌尿器系の感染症、むくみ、治りにくい傷
30.イブニングプリムローズ・・・月経痛、月経前症候群、湿疹、アレルギー疾患

 
関連記事