カナノキ

Welcome to my blog

肝臓の修復

 今日は、忘年会シーズンにぴったりなハーブをご紹介します。肝臓を守るハーブと言われる「ミルクシスル」です。
 肝臓に良いハーブとして、「ダンディライオン」や「アーティチョーク」をご紹介しましたが、このミルクシスルも肝臓に良いと言われています。これだとどれを飲めば良いのか迷ってしまいますね。確かに全て肝臓を元気にしてくれますが、違いとしては、ダンディライオンとアーティチョークは、肝臓の働きを活発にして消化不良を助ける。ミルクシスルは、もう弱ってしまった肝臓自体を修復してくれます。ですから、肝臓に負担がかかっている状態や、慢性的な肝炎、アルコール性肝炎、脂肪肝などの場合はミルクシスル、お酒の飲み過ぎやストレスによる胃や肝臓の負担を軽くする場合は、ダンディライオンやアーティチョークが良いのかなと思います。勿論、自己管理が一番大切ですが。
 ミルクシスルには、よく知られている「オレイン酸」が含まれています。オリーブオイルやナッツ類にも含まれていますが、このオレイン酸は悪玉コレステロールを抑制する働きがあります。悪玉コレステロールは、脂肪の吸収を助けるコレステロールを供給する働きがあり、これを抑える事でコレステロール値を下げることに繋がります。脂肪肝には効果的と言えますね。ダイエットをしている方は、このコレステロールを減らす事を考えがちですが、コレステロールはホルモンの原料にもなっているので、身体に必要な成分でもあります。ですから、あまり抑えすぎるとホルモンバランスが崩れ、また別の症状を生む可能性にも繋がりますので、基準値を知り、バランスを保つことも大切です。あと、ミルクシスルはキク科になりますので、キク科アレルギーの方は控えて下さい。

 話は変わりますが、最近乾燥が酷かったせいか、口の周りがカサカサし過ぎて炎症を起こしてしまいまして、このままだと口さけ女みたいになるのではないかと不安が過ぎり、色々とクリームや化粧水をつけてみたのですが、傷の修復を早めるエキナセアティーを飲んだり患部につけていたら治ってきました。何でも試してみるものですね。継続してみます。

エキナセア

関連記事
About this site
自分らしく心地よいライフスタイル
About me
主婦・ハーバルセラピスト。
自分らしく生きる事をモットーに、色々学び生活に取り入れています。ハーブの活用を中心に、私らしい生き方についても綴っています。