カナノキ

Welcome to my blog

ハーブとの出会い

 ハーブティーには全く興味がありませんでした。思い切り珈琲派でしたから。

 ハーブとの出会いと言うか、ハーブの良さを痛感したのはハーブのクリームからでした。昔から敏感肌で、大人になってから気付いたのですが、何かと反応してしまう肌質のようで、温度差や虫刺されなどに弱いみたいなのです。いつからか、ダニのような虫に刺されてから、あまりの痒さと治りの遅さに皮膚科で薬をもらいに行くのが当たり前になっていました。そう頻繁ではありませんでしたが。そして、いつしか薬が残っていると精神的に安心でした。
 夫と付き合い始めた頃、また皮膚科に薬をもらいに行く羽目になりました。今度は漢方を出してくれる病院があると聞き、そこで処方してもうことにしたのですが、飲み薬は漢方薬でも塗り薬はいつももらうような薬でした。夫は看護師をしていて、皮膚科の現状を割と知っている人でした。漢方で治るならと安心してくれましたが、塗り薬の「副腎皮質ホルモン」はあまり塗らない方が良いと心配していました。塗り薬でも皮膚から血液の中に入り全身に流れていくからと。そしてそれが逆にアレルギーになって広がる場合もあるし、皮膚が硬くなって痕が消えないとも確か言っていたように思います。でも実際にはその薬くらいしかないだろうとも言っていました。確かに、痒みは止まって虫刺されのようなものも小さくはなってきているけれど、わずかに痕は残り、皮膚の奥に芯があるような感じがして、これは根本治療にはなっていないのではないかと思いました。それから自分でも色々調べ、辿り着いたのがドイツの「マリエン薬局」にある「カレンドラクリーム」でした。

 虫刺されや皮膚のトラブルに良いと説明があり、自然素材で安心でき早速試しました。しっとりしていて伸びが良く、次第に痒みや炎症は消え、何もなかったかのような肌になりました。感激しました。それを境に皮膚トラブルに全てカレンドラクリームを使っていましたが、マリエン薬局で今はそのクリームの取り扱いはないようで、「トラブルレスキュークリーム」が同じような効果として販売されています。こちらも愛用していますが、浸透力がありべたつきがないので、普段の保湿ケアとしても愛用しています。それをきっかけに身体のケアはマリエン薬局の商品を揃えるようになりました。ブレンドハーブティー、フェイシャルケアなど、今でも心地良く使わせてもらっています。最近はハーブの知識が増え、手作りで自分のケアをしたいと考え始め、今はハーブ自体を集め始めています。まだまだですが。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WELEDA ヴェレダ カレンドラ ケアクリーム 25g
価格:900円(税込、送料別) (2018/2/4時点)


さて、副腎皮質ホルモン。そもそも私達自ら作っているホルモンのようで、その薬自体が悪いのではなく、あまり薬に頼ってしまうと、自らそのホルモンを作り出さなくなり、薬がないと駄目な身体になってしまうとハーブの先生がおっしゃっていました。微量らしいですけど。なるほど、そういうことでしたか。自分に備わっている力をしっかり使ってあげる。それを助けてくれるのがハーブの良さでもあるのですね。

関連記事
About this site
自分らしく心地よいライフスタイル
About me
主婦・ハーバルセラピスト。
自分らしく生きる事をモットーに、色々学び生活に取り入れています。ハーブの活用を中心に、私らしい生き方についても綴っています。