カナノキ

Welcome to my blog

結婚

 30歳を過ぎた辺りから、「もうずっと独身でいいかな」と先の事を真剣に考えるようになりました。その時は仕事も順調で、好きな事も出来ていたので、このまま家族と一緒に暮らしていけばいいかなと思っていました。
 出会いは過去に沢山ありました。モテ期もそれなりにありましたし、心に想う人もおりました。ですが、何故か上手くいかず。どちらがいいとか悪いとか、そんな事よりも、自然体でいればいるほど嫌われてしまう、このパターンに自信がなくなっていました。魅力とかではなく人としてどうなんだろうと。だから、自分のままでいられる独身の道を考えた訳です。要は、私を気に入る人はなかなかいないという事に気がついてしまったのです。じゃあ何故こんなに出会いがあったのか。まぁ、外見的な好みだったり、最初の印象が良かったりではないでしょうか。それも私の一部なのですが。

 ある日、職場仲間の年上の女性に、「私もう独身でいいわ」という話をしたことがありました。そしたら彼女は、「必ずそのままのあなたを受け止めてくれる人がいるから諦めちゃダメ」と言われました。妙に説得力がありました。不思議と、その言葉を信じてみようと思いました。それが独身でなく、やはり結婚相手を探そうと動き出したきっかけとなりました。それから、今までの自分の過去を振り返り、自分には何が足りなかったのかよくよく考えました。そして気付いたのが、相手に依存し過ぎて自分を見失ってしまっていた事、相手の事を考える心の余裕がなかった事を知りました。つまり、自分がそこにあるようで無かった、私という軸がなかったのです。浮かれて、安心して、自分よりも相手の事ばかり考える、気付けば自分の中身は空っぽ、だから不安が過ぎる。自分を自分でちゃんと満たせず、それがストレスとなり、相手に満たしてもらおうとしていたのです。

 結婚相手を探す際、相手に1つだけ条件を考えました。勿論、仕事やお互いの両親についてなどの考え方など、現実的な事も合わなければなりませんが、まず人として「人の心がある人」であって欲しいと思いました。痛みや悲しみが分かる、人に寄り添える心を持っている人、それを欠かせない条件にしました。あとは感覚的に好きな感じがどうか、外見的に好みかどうか。そして、私自身の結婚の目的として、幸せにしてもらうのではなく、相手に幸せを感じてもらう、一緒に幸せを感じ合う、自分自身が成長する、その為ならどんな事にも向き合い、絶対に逃げないと決めました。そう決意してから出会いは早く、2年後には結婚していました。

 人それぞれ結婚の目的はあり、相手あっての結婚ですが、自分が自分に対しどう向き合っていくのか、それがまず一番大事な事なのではないかと思いました。人の力を借りても、それは所詮人の力なのです。自分で乗り越えてこそ喜びがあり、幸せがあり、自分の力になる、そう実感しています。



関連記事
About this site
自分らしく心地よいライフスタイル
About me
主婦・ハーバルセラピスト。
自分らしく生きる事をモットーに、色々学び生活に取り入れています。ハーブの活用を中心に、私らしい生き方についても綴っています。