FC2ブログ

カナノキ

Welcome to my blog

風邪症状とリラックス

 夜、外に出ると冬みたいに寒いですね。今日は日中、庭木の剪定を少ししていましたが、緑の大きなカマキリがとまっていて、葉をムシャムシャ食べながらこっちを見ていました。汗。思わずほうきで枝を思い切りスイングして飛ばしてしまいました。人はいざとなると強いものですね。

 今日ご紹介するのは「リンデン」というハーブです。カマキリとは無縁です。リンデンはほとんど飲みませんが、甘い香りが良いので部屋の芳香として使っています。芳香と言ってもお湯に入れて置いてあるだけですが、乾燥も多少防げますし、ほのかに香って落ち着きます。できればボウルにお湯を入れた方が面積が広くなり湯気も香りも広がるのでいいんですけど、今ちょうど良い器を探し中なので適当な器に入れています。

リンデン

 香りのあるハーブには精油が含まれている事が多く、ミントの記事にも書かせてもらいましたが、精油とは有効成分が含まれた芳香成分、つまり、香りの成分があるという事になります。リンデンにもその精油成分が入っていて、甘い香りが特徴です。リンデンの精油成分には、気持ちを落ち着かせるリラックス作用と、筋肉の緊張を和らげる作用があり、疲れた時や心を落ち着かせたい時に使えます。その他、エルダーフラワーの記事でも説明した「フラボノイド配糖体」が入っています。フラボノイドにも心を落ち着かせる、緊張を和らげる作用があり、ダブルでリラックス作用があります。又、フラボノイドには尿や汗を出す作用、血管を丈夫にする作用もあります。汗を沢山出して尿としても出してくれますし、血管を丈夫にすることでアレルギーを抑える力となりますので、風邪の治りを早めくれたり、いらないものを出す事で循環が良くなり、加えてリラックス効果もあるので高血圧にも有用です。あとは「多糖類」。多糖類は糖が沢山くっついたもので、ねっとり感があります。このねっとりが炎症を抑えたり粘膜を保護し、免疫力を強くしてくれますので、これも風邪の症状を楽にしてくれます。風邪で身体がしんどい、イライラして眠れない時にもオススメです。なかなか優れたハーブですね。このリンデンの作用は穏やかなので、お年寄りからお子様まで安心して使えますよ。
関連記事
About this site
自分らしく心地よいライフスタイル
About me
主婦・ハーバルセラピスト。
自分らしく生きる事をモットーに、色々学び生活に取り入れています。ハーブの活用を中心に、私らしい生き方についても綴っています。