カナノキ

Welcome to my blog

フラワーレメディー

 今夜は久しぶりの雨。午後は地震が少しありました。三重は震度1でしたが、結構な響きを感じました。未だ防災グッズを準備していない我が家。いい加減購入しないといけないですね。リビングの椅子の背もたれに、防災頭巾にもなるクッションカバーがあるらしいです。手作りされている方もいらっしゃるようで、そういう日常使いができる防災グッズは良いですね。

 日常、ストレスが溜まってイライラする事はありますが、それ以外にも、何か分らないけど気持ちが上手く調整できない、ショックな出来事があって立ち直れない、怖さでパニックになるなど、状況によって色々な心の動きがあり、自分では上手く落ち着かせられない時があります。今日は、そのような時に役立つハーブ製剤と精油をご紹介したいと思います。「製剤」とは、ハーブの有効成分を取り出して利用する為に加工したものを指します。今日ご紹介する製剤は「レメディー」というものです。レメディーとは、英国の医師「エドワード・バッチ博士」によって作られた、野生の花の癒す力を活用した自然療法になり、簡単に申しますと、水に太陽のパワーや花のパワーを転写したもので、自然エネルギーを加えたエッセンスになります。ちょっとハーブティーや精油とは違いますが、このエッセンスは感情や性格パターンで分類され、不調和を整える働きがあるとされており、ストレスやマイナス感情を和らげるものになります。他にも色々用途や種類は多くあるようですが。使い方は、スポイトで口の中に数滴垂らしたり、飲み物に入れて使います。一度試した事がありますが、ハーブティーや精油のように味わいや香りがあるものではなく、水滴が落ちた、くらいの印象でした。種類によるかもしれませんけど。

〈緊張や不安、ショック時に使えるレメディー〉
・インパチエンス・・・精神的ストレスに
・クレマチス・・・意識がぼんやりする時に
・チェリープラム・・・自分を上手くコントロールできない時に
・スターオブベツヘレム・・・ショックを受けたりトラウマの後遺症に
・ロックローズ・・・パニックや恐怖心に

〈心を落ち着かせる精油〉
ベルガモット
・・・強い鎮静(リラックス)作用があります
ローマンカモミール・・・甘い香りで緊張を和らげます
ラベンダー・・・イライラや興奮を鎮めます


 ハーブや精油、レメディーなど、植物療法の魅力は、医薬品に比べ安心して使えることですが、摂り入れていくと自分の判断で選ぶようになりますので、その分自分の心や体調に敏感になり、自己管理が行き届くようになるところも魅力のひとつかと思います。気になるものがありましたら取り入れてみて下さい。



関連記事
About this site
自分らしく心地よいライフスタイル
About me
主婦・ハーバルセラピスト。
自分らしく生きる事をモットーに、色々学び生活に取り入れています。ハーブの活用を中心に、私らしい生き方についても綴っています。