FC2ブログ

カナノキ

Welcome to my blog

夏の停電

 かなりの高温の中、いかがお過ごしでしょうか。少しずつ曇り空も出てきてますけどね。そういえば、台風の影響で我が家は停電になりましてね。深夜2時から翌日の正午までと、結構長い時間停電しておりました。復旧して頂いて大変有り難く、感謝の気持ちで一杯ですが、やはり電気に頼りすぎてるなぁと改めて実感。という訳で、停電くらいで大袈裟かもしれませんが、今日は停電時に役立った物や気付いた事を綴ってみたいと思います。

 停電すると困るのは、やはり電気が使えない事。まずは灯りが欲しいので懐中電灯や携帯のライト機能はとても重宝しました。そして、このような灯りにペットボトルを被せると明るさが広がって良いようでしたので被せてみました。確かに明るさが広がりましたが、水の入ったガラスのコップやペットボトルをライトの近くに置くだけでも明るさが倍増しました。あと、灯りは部分的ではなく、天井や壁に向けて当てておくと、反射して空間全体が明るくなりました。壁や天井は明るい色の方がより明るく感じたので、新築や引っ越しを検討中の方は、このような時の為に明るい壁を選ばれると良いと思います。又、うちは太陽光発電なので、停電してもお湯が溜まっていたのかお湯が普通に使え助かりました。昼間の停電は、ソーラーパワーコンディショナという室内で管理する機器があるのですが、そこについているコンセントが使えるようでしたし、太陽光の設置は高額ですが、売電もできていざいう時に役立ちますのでオススメです。その他は箇条書きに。

・保冷剤・・・冷蔵庫が止ってしまうので、冷蔵庫に沢山散りばめて冷やせる。
・アイスノン・・・冷房が使えない時に首を冷やして涼しく過ごせる。
・氷・・・使わなくても作っておくと、水に加えて冷たくしたり水分が増える。氷のうにもなる。
・携帯用充電器・・・携帯用の充電器をしっかり充電しておくと携帯が充電できる。
・ノートパソコン・・・充電されたノートパソコンはUSBを使って携帯などの充電器として使える。
・扇子やうちわ・・・扇風機代わりに。
・パン・・・結局そのままパクッと食べれるパンが便利。
・保温できるポット・・・お湯を保温しておける。
・ラジオ・・・情報源。
・ウエットティッシュ・・・汗を拭いたりお風呂に入れない時に。

 とりあえず、実際に役に立った、あると良かったと思ったものを書いてみました。普段いらないよねと思っている物でも、いざという時に役立ったり、充電として使えるものは常に充電しておくと良いなぁと思いました。乾電池で動く物が多いと助かりますよね。節電にもなりますし。また色々考えて揃えたいと思います。今の所、大きなキャンドルは作る予定です。

夏のチャンプルー

 暑いですね。夏でも日傘や帽子は必ずという人でもなかったのですが、いつからか頻繁に活用するようになりました。それだけ日射しが強いのでしょう。強いと言うより痛い。昔と違い、コンクリートが多くなりましたので、温度が冷めるまで時間が長くなりましたし、照り返しの熱気も凄いですね。食事もそうですけど、やはり昔の環境って人に良かったのだと実感します。そういえば、テレビで放送されていましたが、子供は熱を逃がす力が弱く、お年寄りは暑さなど温度を感知する力が弱いようです。周りが気にしてあげないといけませんね。汗をかくのは体温調節の為なので、乾いたタオルより濡れたタオルで拭いて湿らしておくくらいが良いと専門家の方がおっしゃっていました。持ち歩くのが難しそうですけど、家なら出来そう。試してみようかな。

 さて、今日は料理にも使うハーブを3つご紹介します。食材や調味料として使われる「ゴーヤー(ニガウリ)」「唐辛子」「ゴマ」です。ハーブと言うと特別なイメージがありますが、普段食べている食材でも、自然の植物で身体に作用するものはハーブと言われています。

 まずゴーヤーですが、この暑い季節に出回る食材ですよね。我が家でもよく食べています。苦味はやはり気になりますが、薄く薄くスライスすると、薬味のような感じで他の食材とも馴染みやすい味になります。ゴーヤーにはビタミンCがレモンの3倍くらい含まれており、ビタミンCには酸化を防ぐ抗酸化作用がありますから、ダメージを受けやすい暑い夏にはもってこいの成分です。ビタミンCは美白効果にも繋がりますし、腸の働きも活発にしてくれますので便秘にも役立ちます。又、血糖を調整してくれる働きがあり、血糖を下げる目的でも使えます。ゴーヤーを乾燥させたお茶も販売されていて、苦味はありますが香ばしくて飲みやすいので、食べるのは苦手という方は、お茶を薄めて摂るのもオススメです。但し、血糖を下げるお薬を飲まれている方は、作用を強めてしまう可能性がありますので控えて下さい。我が家ではゴーヤーチャンプルーが定番なのですが、その調味料として「胡麻辣油」というラー油とよく使います。この胡麻辣油は唐辛子とゴマ油が混ぜっているものなのですが、ゴマの風味とラー油のツンとする辛さがとても良い味を作ってくれます。卵とじや豚肉と相性が良いと感じているので、そこにゴーヤーも合わせて炒めることが多いです。唐辛子にはよく耳にする「カプサイシン」が入っていますが、この成分は食欲を増進し、汗を出して代謝も良くしてくれますので、暑さでバテ気味の時に少し取り入れると良いです。そしてゴマは、サプリメントでもある「セサミン」などが含まれ、この成分にも抗酸化作用があります。又、血液をサラサラにする働きもありますので、ゴーヤーと唐辛子、ゴマの組み合わせは、酸化防止、代謝を上げ食欲も湧くという、夏にはなかなか最強の組み合わせではないかと思っております。エネルギーにもなる豚肉や卵もチャンプルーして、疲労回復にお試し下さい。

ゴーヤ



About this site
自分らしく心地よいライフスタイル
About me
主婦・ハーバルセラピスト。
自分らしく生きる事をモットーに、色々学び生活に取り入れています。ハーブの活用を中心に、私らしい生き方についても綴っています。